ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
自分の好きにやればいいってことではない。
バンクーバー冬季五輪選手に公の場としてふさわしくない服装の方がいました。
日本代表選手団の「編成方針」には「日本代表選手団は、礼儀を尊び規律を遵守し、活力ある日本を代表するに相応しい選手・役員をもって編成する」とあります。

今回は、まさに「相応しくない行動」となりました。

世論の一部には、「バッシングされるのが解らない」とか「個性があって良い」「JOCの頭が堅いだけ」
「自分を貫いていてカッコイイじゃないの」という意見もあるが、大きな間違いである。

ちなみにあの格好は「ダサい」です。

彼のあの時点での立場として、ふさわしくない格好だから指導されたわけである。
確か、前回もスノーボーダー選手は問題行動があった記憶がある。
そういう格好をしていた本人も悪いし、それを監督する立場の人も悪い。

それを容認してしまう人たちも同類である。


世の中にはルールとマナーがある。
その場にふさわしい身なり、身振りをするというのは当然であり、一般人でも当然のことながら、
社会的立場に立つものはそれ以上に気をつけなければいけないことだ。

おそらく本人も、ゴチャゴチャうるせーな位しか思っていなかったのだろう。
そして、あの謝罪会見・・・しかしここでも失態。
彼は取り返しのつかないことをしてしまった、今後たとえ彼がメダル取っても今回のイメージは消えないだろう。

おそらく彼には今までにルールとマナーを教えてあげる人がいなかったのかも知れない。
そうだとすれば、彼は非常に可哀想な人だ。

その後、入村式・開会式欠席ということになりましたが、この一件で彼が何かを学んでくれれば幸いである。

前出ではあるが、「バッシングされるのが解らない」とか「個性があって良い」「JOCの頭が堅いだけ」
「自分を貫いていてカッコイイじゃないの」という意見を言っている人たちも、改めて考えてもらいたい。
世の中にはルールに反したり、ワルっぽい行動をすると、個性がある、カッコイイとかイケてるという
風潮があるが、大きな間違いというか勘違いである。
誰にも迷惑を掛けているわけではないから、自分のやりたいようにやるというのも同じである。
若い世代は社会勉強も未熟だから仕方がないのかも知れないが、その時は大人がきちんと指導すべき。

今回の件もそうだが、最近は相撲・ボクシング・成人式の騒動と人間の質が問われる問題が多すぎる。


似たような内容ですが・・・
モーグルの選手で長野オリンピック女子モーグル金メダリストの里谷多英
離婚歴もあり、その後の素行不良(警察沙汰)によりしばらく名前すら聞きませんでした。
でも、今回のオリンピックには代表として出ています。

上村愛子・・・彼女は過去のオリンピックではメダルを獲得していません。
でも世界選手権やワールドカップではメダルを獲っている。
TVにもよく出ています。
去年結婚もしましたし、2008年には紫綬褒章ももらっています。
ご存じのように、今回のオリンピックには代表として出ています。

二人の微妙な差・・・この違いって何なのか?
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。