ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
やりすぎ
教師による生徒への過剰な生活指導。

まずはこの記事→法政高が“体罰修学旅行”…男性教諭「常軌逸した」暴行

基本的には生徒が決まりを守らないのが悪いと思うが、それでもこの教師達の取った行動は
もはや生活指導を超えている。

ある程度の体罰はいけないとは思いません、ただ、最近は保護者が過保護すぎるのと、
教師側の叱り方の問題があって事が大きくなっている気がします。


まず、教師が叱り方を知らない・・・叱られたことがないのか?
教師達も殴られたりした経験も無いのだろう・・・どれくらいやったらどうなるかが解らない。
それに親たちも怒られたり殴られたりした経験がないからやたら過剰になって騒ぐし、
自分の子どもを叱るにも、愛の鞭から恨みの鞭(結果、虐待行為になる)に変わってしまうヤツも居る。


自分が小中学の頃は、今では体罰ということになってしまうかもしれないが、
殴られたりひっぱたかれたりなんてことは結構見かけましたし、それで怪我をする生徒なんて居ませんでしたし
いちいち学校に文句を言う親も居ませんでした。
教師の方も丁度良い具合というものが解っていたのだと思います。
痛さも成長する上での貴重な経験だと思います。

そういえば中学の時は、教師を殴っていたヤツがいたっけなぁ・・・○●君元気か?

おそらく、今回のこの二人は教師という立場で、生徒を見下しているのだろう。
そうでなければ、このような行動は取らないはずだ。


それでも、叱るのって難しい。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。