ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
事業仕分け
仕分け人は果たしてその事業についてどの程度の認識があるのだろうか?
見ている限り、必要不必要は関係なく何でもかんでも削減・見直しに進めているような気がする。

少々やり過ぎの感じもするが、国民の利益を阻害してはいけない。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
全部見直すべきです
議論が公開で行われ、日本社会の転換点になります。良いことです。
文科省と学校が、どれほど腐っているかを知っていますか。
事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止すべきと思っています。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関と名乗る権利を失っています。学習塾や家庭教師に助けられる学校教員は、現在の半分の給与さえ受け取る権利がありません。
文科省こそ、日本社会を衰弱させる癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてのイカサマが分かります。絶対に許せません。
不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
事業仕分けで、文科省を廃止すべきです。
2009/11/27(金) 11:03:47 | URL | 大和 #mQop/nM.[ 編集]
事業仕分け自体はあっても良いと思いますが、今回は民主党のパフォーマンスではないかと思っています。
コスト削減は、度が過ぎるととんでもない方向に行ってしまい、逆効果になることもあります。
教育について言えば、文部省より日教組に大きな問題があると思います。

それよりも低迷している景気について対策を急がないと日本はダメになってしまいます。
2009/11/28(土) 16:47:07 | URL | いしどう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。