ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
日食・・・・注意することとは?
7/22に日食が見られます。

以下国立天文台のHPですが、注意事項が出ています。
日食観察をしようと思っている方は必ず下記HPを見ていただきたい。

2009年7月22日に起こる日食の概要

太陽光線は日食中といえども強烈です。
目を痛めないように正しい知識を得てください。

一番簡単な方法は木漏れ日を観測することです。
木々の間を通り抜けて地面に届いた光は太陽の形を表します。

直接太陽を見たい場合は市販の日食グラスを購入して使用してください。
その際も取扱説明書は熟読してくださいね。
なお、自作の日食グラスも危険ですのでやめましょう。

日食グラスについて


詳しい知識がないまま中途半端な方法で太陽を観察すると、目を痛めたり、最悪の場合失明したりする危険性があります。
詳しくわからない場合には、自己流の方法を試したりせず、必ず専門家の指導に従ってください。

日食はたいへん希で劇的な天文現象であり、天文ファンのみならず多くの人が日食の日には太陽を見ます。
しかし、太陽(日食)を観察する際には十分に注意する必要があります。
太陽は決して直接、肉眼で見てはいけません。
晴天時の太陽を肉眼で見た場合、わずか1秒ほどでも目に悪い影響を及ぼします。
誤った方法で観察すると、永久的な視力低下、さらには失明することもあるのです。日食によって生じる網膜障害は「日食網膜症」とよばれ、昔から世界中で日食の時に発生しています。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。