ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
どの戦国大名に似ているかを診断するサイトが話題
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kazu1110/busyou.html

やってみた


●武力:75点 [よくできました]
あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を発揮できます。現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。
●知力:70点 [よくできました]
あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害を最小限に抑え、相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に入って、一流企業に入るもよし学者となって、後世にまで受け継がれるような研究を行っても良いことでしょう。
●魅力:60点 [普通]
あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格のいい人であるということです。
●政治力:75点 [よくできました]
あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに交渉するかも大事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、出世していくことができることでしょう。
●才能:85点 [すばらしい]
音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることができたのも個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。


で、誰に似てるかというと・・・

あなたは大友宗麟に似ています。キリスト教入信と耳川合戦大敗。この二つが相次いだことによって宗麟晩年の評価は異様なほど低く、しかもその原因はキリスト教入信に帰せられる傾向があるが、それはむしろキリスト教が禁教となった江戸時代以降の価値観を反映したものだろう。現に耳川大敗後の一五七九年、大友家では家臣たちがすでに家督を譲ったはずの宗麟に治世再開を懇願している。決して武断の人ではない宗麟だが、一流の情報収集能力と外交術を発揮、関白に就任したばかりの秀吉に援助を請うことを決断する。遠交近攻のセオリー通りではあるが、島津氏や北条氏の状況判断に比すると、その早さと的確さば賞賛に値するだろう。相次ぐ国衆の叛乱と島津氏の猛攻に、宗麟の篭る臼杵城下は灰に婦すも、一五八六年秀吉自らによる九州征伐開始により大友氏は豊後の支配をようやく回復する。関白秀吉の権勢を背後に、叛乱した家臣の所領を改易し、領内の権力・経済力を掌握、懸案だった一国領国支配を完成させた。さらに翌年、黒田官兵衛の強い勧誘により、宗麟の子で大友氏の現当主義統が受洗する。神に感謝の祈りを捧げつつ宗麟は死去、その翌年の宣教師追放令も一五九三年の大友氏改易も知らぬ幸福な死だった。





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。