ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
車両盗難・車上荒らしの現場に出くわしたら
またまた事件が起きました

以下毎日新聞より
7/15日午後11時ごろ、札幌市厚別区のアパート駐車場で、若い男ら数人が、このアパート2階に住む会社員男性(27)の乗用車のドアをこじ開けようとしていることに男性が気付いた。男性が階下に降りたところ、男らはそばに止めていた乗用車に乗り込んだため、男性が助手席のドアにしがみついた。男性は約50メートル引きずられ、肩などを擦りむくけがを負った。北海道警札幌厚別署は強盗傷害事件として捜査している。調べでは、男性の家族がドアをこじ開ける物音に気付いた。男らは黒っぽい乗用車で逃走した。

そのほかにも、
5/20日午前2時20分ごろ、茨城県つくば市西高野の電気設備会社の駐車場で、同社のトラックが盗まれようとしているのを会社員の浅山智洋さん(27)=古河市西間中橋=が発見。トラックの前に立ちはだかって制止しようとしたが、トラックが止まらなかったため下敷きとなり、全身を強く打って死亡した。つくば北署で強盗致死事件として捜査している。

また、
http://response.jp/issue/2007/0418/article93820_1.html

上記のような死亡事件が発生しています。

車両盗難・車上荒らしは意外と身近な事件です。
鍵をきちんとかけていても簡単にあけられ、エンジンをかけられてしまいます。
「自分のクルマは平気だろう」なんて事は絶対にあり得ません。
相手(犯人)はそんなこと関係ありません。

ではどうしたらいいのか?

盗難・車上荒らしに遭いたくなければ、セキュリティの専門ショップで
セキュリティシステムを取り付けてもらうことです。
量販店のセキュリティは役に立ちません。


しかし100%完璧というモノはありません。
盗られにくく、いたずらしにくくなるだけです。


万一、車両盗難・車上荒らしの現場に出くわしたら?

絶対に出て行ってはいけません。

相手は凶悪な窃盗犯です、凶器を所持していたり、報道のように轢き殺されてしまう可能性があります。

まず警察に電話して下さい。(アテになるかは別として)
自分、家族、友人などを守って下さい。

絶対に出て行ってはいけません。

ちなみに、私は過去に車両盗難未遂に遭遇していますが、このときも相手が3人いたため出ていきませんでした。(すぐ警察には連絡しました)
幸いにもセキュリティシステムが取り付けてあったため最低限の被害で済みました
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
現場に出くわしたことはありませんが、2年連続で、
被害に遭ったことはあります(T-T)

フロントグリルの上を盗まれ、1年後、下を盗まれるというv-12
(mixi日記、NO.319参照です(笑))

どちらも、運転席の鍵が壊されてました(T-T)
2007/07/16(月) 20:04:14 | URL | サアラ♪ #-[ 編集]
サアラさん

見ましたよ~まるで解体車みたいじゃないですか・・・
ワゴンRだと国内だけの仕様だと思うんですが、特別何かドレスアップしてたとか??
もしかすると事故ったクルマの修理のために持って行った??

クルマのドアロックなんて簡単に開いちゃいます。

それなりに防御しないと怖いですね。
ちなみに自分のエスカレードはセキュリティに50諭吉くらいかけてます。
高いですがある種の保険と思ってます。
2007/07/17(火) 16:48:42 | URL | いしどう #KBwqQFSI[ 編集]
あ、見ましたかぁ(^^;
当時のワゴンRは、兄が事故車を修理したやつなんです。
グリルは、純正とは違うものを付けてたんですね。
きっちり、そのグリルを盗まれました(T-T)

鍵穴は、ねじ切ったような感じで壊されてましたね。

今のは、保険かけてます。
もう、イヤですもんね(>_<)
2007/07/20(金) 00:12:09 | URL | サアラ♪ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。