ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
バルブLED化その3
今日はフロントのウインカーをLED化しました。

先日のブログで書いたとおり、フロントの配線はいじらずに
リアの配線に取り付けた6Ωの抵抗に、並列に6Ωkの抵抗を取付て
3Ωにするという方法でハイフラッシャー防止としました。

ここで問題なのは抵抗から発生する熱・・・施工中に何度が点滅させていたら抵抗がさわれないくらいに熱くなってました。
通常の車線変更や右左折程度では大丈夫だと思いますが
長時間のハザード点滅だと高温になりそうです。

配線の被覆や車体の樹脂部分にはさわらないように
取り付けた方が良いかもしれません。

画像などはエスカレードのページにありますので
そちらも参照してください。
http://www.ishido.jp/cadillac2.html

後日アテンザも施工予定。



参考
オームの法則

E:電圧(V) I:電流(A) R:抵抗(Ω) P:消費電力(W)

E=I*R

I=R/E

R=E/I

P=I*E

抵抗の接続
直列 Ra+Rb=Rc
R1=6Ω R2=6Ωの場合 6+6=12Ω 合成抵抗は12Ω

並列 1/Ra+1/Rb=1/Rc
R1=6Ω R2=6Ωの場合 1/6 + 1/6=2/6=1/3 合成抵抗は3Ω
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。