ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
某社エレベータと最近のリコールの多さ
まだ各方面とも結論がはっきりしてませんが、思ったことを。

結局コストを抑えることだけを考えて、このほかのモノを何も考えていない結果ではないでしょうか。

確かにコストは低く品質が高いというのは理想かもしれませんが、
物事にはかならず限界というモノがあります。
コストは低く品質が高いというのは理想論であって現実はそう簡単なモノではありません。
でも各社いろいろ考えてなんとか両立させようと努力しているのは事実です。

今回はエレベータメーカだけの責任ではなく、管理している会社の責任もありますし、エレベータの導入と保守管理を導入した(選んだ)側にも問題と責任があるのではないかと思います。

ただし、エレベータメーカの対応は別問題です。
出遅れてしまったのは非常に残念です。

別件
最近自動車メーカーのリコールが頻発しています。
ここで言いたいのはリコール台数ではなく、件数です。
こちらもコストと品質が合わなくなってきている現実だと思います。

部品メーカーは自動車メーカーから部品単価を下げろ、品質を上げろ、
時間きっちりに納品しろと要求します。
当然部品メーカーも対応しようと努力しますが、やはり限界はあります、どこかで何かが狂ってしまうんでしょう。
部品メーカーのたゆまぬ努力があってこそ自動車メーカーは利益を上げることが出来るのです。
急激に拡大した自動車メーカーと、納品する部品メーカーとのずれが
結局リコールの件数になったと思います。

私も「ものづくり」をしていますので、常にコストと品質については細心の注意を払います。
日本がどこかおかしい方向に(もう進んでいるかもしれませんが)行ってしまわないように考えていきたいと思います。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。