ishidoブログ

ishidoの言いたい放題(でも、常識の範囲内で)   * メインのHP→http://www.ishido.jp   管理者が「不適切」と判断したコメントにつきましては削除させて頂きますので予めご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
明治天皇百年祭
7/30に明治天皇百年祭の式典が明治神宮で行われた。
式典の他にも色々な行事が行われている、詳細は下記参照。
http://www.meijijingu.or.jp/100th/index.html

自分にも明治神宮より式典への参加案内が来たので、早速はがきで出席の旨回答をし、本日出席してきました。
100年祭(仏教では●周忌ですが、神道では●年祭という)というものは滅多に出会う機会もないし、
今回は明治天皇の100年祭、さらに明治神宮での祭祀とあらば日本の歴史的行事にも匹敵するわけです。

天皇・皇后両陛下・皇太子殿下や皇族方も100年祭にあたり前もって明治神宮へ御参拝されたそうです。
ちなみに当日は天皇・皇后両陛下と皇族方は、皇居・皇霊殿で「明治天皇百年式年祭の儀」に臨まれています。

100年祭の式典には招待された関係者以外は拝殿には入ることが出来ません(拝殿は一般の方達が通常参拝できるところより内側のエリア)が、だからといって周りがごった返しているわけでも無く、一部の一般の方は外からでも式典の様子を見ることが出来ていたようです。
今回招待された人たちは約700名ほどらしく、ほとんどが椅子への着座での参加でしたが(数名の立ち見あり)、正直もっと大勢参加者が居るんじゃないかと思っていたので、式典会場に入ったときは逆に少なくて驚きでした。
午前9時より厳かに式典が始まり、式次第には明治天皇の御製「あさみどり澄みわたりたる大空の廣(ひろ)きをおのが心ともがな」に作曲・振り付けをし、神職が舞う「明治神宮大和舞」も行われ、10時半前には滞りなく終了となりました。

式典の後は参加者が順次御社殿の前まで進み参拝ののち退出、途中で御神酒とお土産を頂き、驚いたのはちゃんと直会(なおらい:神事の後に神事に参加したもの一同での会食)がありました。参加者が多かったため、4カ所に分散しての直会になり、自分は神楽殿地下二階での会場になりました。
詩吟(今回初披露の、明治天皇をたたえる詩吟)の披露ののち献杯、会食をして順次解散。

一連の式典に参加して、改めて日本人の日本人たる心に触れたような気がする、そんな式典参加となりました。

さて、何故自分のような者が今回の式典に参加できたかというと、実は明治神宮崇敬会という会に入会しているからです。明治神宮崇敬会→ http://sukeikai.meijijingu.or.jp/
どなたでも入会(会費と会員ランクは3,000円以上/年~50,000円以上/年の4ランク)出来ますので、興味が有る方は入会してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。